HAPPY FISH 武井紗恵 巨乳娘とパイズリ

HAPPY FISH 武井紗恵

HAPPY FISH 武井紗恵

HAPPY FISH 武井紗恵

本編ダイジェスト

  • パイズリした巨乳女:武井紗恵
  • レーベル:HAPPY FISH
  • 発売日:2017/5/22
  • 辱め
  • 近頃の若い世代は発育が早いとはいえ、紗恵の肉感的な肢体は、実に女子校生離れしている。とりわけ豊満な胸元には、男たちの視線も釘づけ。当然、責めの狙い目も、まずはその類い稀なる巨乳へと向かうことに。荒縄で縛りあげると、感度も増してしまうらしい。乳首を吸われただけで、ハアハアと息づかいが荒くなる少女。しくしくと啜り泣くような反応も見せ、つい感じてしまう己の肉体に恥じ入るかのようでもある。股間をチェックするようにまさぐられると、クチュクチュと卑猥な音が…。「ククッもうこんなに濡れてやがる(笑)」内に秘めたマゾ淫欲を確信したのか、男たちの凌辱は過激さがエスカレートする一方に。女子校生の巨乳肢体が、拘束台に股間全開で固定。そこへ電動玩具責めの魔の手が忍び寄る。乳首にはクリップで、クリトリスへは無造作にテープで貼り付け。その様相はあたかも処刑用の電気椅子のごとく、少女の一番敏感な局部へ、ヴインヴインと微震動が伝達。「あっあっダメ…やめて~ぇ!」カチャカチャと手枷が鳴るだけで、抗おうにも身動きひとつ取れない。さらに尻穴へもアナルバイブをネジ込まれ、紗恵の羞恥心はいよいよピークへ。「ケツの穴でもビンビンに感じるみたいだな(笑)」まさしく恥辱の極みともいえる失態を晒してしまった少女。凌辱調教も後は仕上げの輪姦を残すのみ。女子校生の象徴ともいえる制服を剥ぎ取られ、素っ裸で手枷+足枷拘束される紗恵の肉体。家畜同然の身には、服など要らない…とでも言いたげな扱いである。2本の肉棒に代わる代わる、徹底的に犯され続ける少女。腹這い状態でズコズコ突きまくられると、卑猥なマゾ劣情が否応なく込み上げてしまう。そして早熟なのは、巨乳だけではなかったようだ。先刻の拘束電動玩具責めの効果もてきめん。手ひどく輪姦された少女の性器は、めくるめくエクスタシーに包まれる。白濁汁をたっぷり注ぎ込まれ、ピクリとも動かなくなった紗恵の肢体。しかし粘液まみれの膣穴だけは、ヒクヒクとわなないていた。まるで家畜メスとしての悦びを表しているかのように…。

    レビューでキャッシュバック

    DUGA割

    関連タイトル

    この動画を観た人のオススメ